読書レビュー:プライベートバンカー

  • LINEで送る

書籍名:プライベートバンカー

著者:清武英利

出版:講談社

 

プライベートバンクの実態がストーリー調で描かれています。

 

プライベートバンカーは華のある仕事のように見られがちですが、実態はいわゆる泥臭い仕事も多く、それに立ち向かう主人公のお話です。

 

相続税の非居住者のルールや、タックスヘイブンと、オフショアの違いなどもわかりやすく書かれていました。

 

話の中には、海外保険の話なども出ており、プライベートバンクのバンカーがどんなことをしてくれるのか、また海外に移住したリタイヤ組はどんな気持ちで過ごしているのかなど、知りたい方にはオススメです。

 

将来リタイヤしたい方は一読しておいても損はありません。

 

 

税金逃れるためだけに、世界一安全といわれる日本を出る。

資産を残していくにも、ある程度の覚悟が必要ですね。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

相談・仕事の依頼はこちら→「サービスメニュー
お問い合わせはこちら→「お問い合わせ

コメントを残す

*