普段何気なく使っている言葉にあなたは人生を支配されている【完璧じゃなくてもいいじゃない。人生を豊かにする100の方法】

  • LINEで送る

言霊(ことだま)

日本には、昔から「言霊(ことだま)」という言葉があり、言葉には霊的な力があると考えられています。
霊的と表現すると身構えてしまう方もいると思いますが。

 

言葉は人に力を与えたり、支えになることもありますが、反対に傷つけることも出来ます。

たったひと言で人生が変わることもあります。

 

このように言葉には、力が宿ります。

 

そして、知らず知らずのうちに言葉の力によって影響を受けています。

 

その何気ないひと言が

皆さんは自分がどのような言葉に影響されているかご存知ですか?

 

人は物事を考える時は、頭の中であっても自分の言葉で考えます。

何か言おうと口から言葉を発すると、その言葉はほとんどの場合自分の耳に入ってくるでしょう。

 

つまり、普段口にする自分の言葉に一番影響を受けているのです。

 

皆さんは普段から何気なくこんな言葉を口にしていませんか?

「頭が良くないから、理解できない」

「意志が弱いから、禁煙(ダイエットなど)が出来ない」
「太っているから運動できない」

 

日本では、謙遜するのが美徳とされていますが、卑下する必要はないと思います。

 

へりくだって謙遜するのではなく、自分を劣ったものとして卑下してしまうと、「自分は劣っているんだ」という認識を繰り返し自分に刷り込み続けることになります。

そうすると、いつの間にか本当に自分が劣っているように感じてしまうようになります。

 

刷り込みが進むと、自分の矛盾にも気付かなくなります。

 

よく聞くのは、「これは得意じゃないからできない」と言う言葉

 

「パソコンは得意じゃないから分からない」と仕事であってもよく聞きます。

走るのが得意じゃない、身体が固いので前屈が得意じゃないなど、身体的なことならまだしも。

 

生まれつきパソコンが得意な人はいるのでしょうか?

 

厳しい言い方かもしれませんが、今ではパソコンは仕事を進める上で必須と言えるスキルです。
パソコンが出来ない代わりに、それを埋め合わせるぐらいに自分の得意分野で会社に貢献しているのでしょうか?

 

話は逸れますが、新入社員で入社した時、会社の先輩にこう言われました。

「君がパソコンが得意かどうかは知らないけど、若い人でもパソコンをある程度使えるようになれば会社に貢献できる」

「先輩にパソコンを教えれるようになれば、先輩も君に喜んで仕事を教えてくれるし、仕事を回してくれる」

 

このように「得意じゃないから出来ない」と言い続けて手を出さない人は、

「得意じゃない」イコール「やらない理由」にはならないと言うことに気付かなくなります。

 

 

言葉は心の栄養

自分の言葉の影響を受けるなら、自分にとっていい言葉を使うようにしてあげると自分にも影響が出ます。
前向きな言葉、自信の出る言葉、プラスの言葉、ポジティブな言葉

 

カンタンですね。

 

「他人と過去は変えることができないけど、自分と未来は変えることが出来る」のですから。
(エリック・バーン/カナダの精神科医の言葉)

 

しかし、頭では、プラスな言葉を使えば、自分が良くなれるのは分かっている。

けど、ふとした時にマイナスな言葉が出てきて、気付くといつもマイナスな言葉を発している。

ということもあるかと思います。

 

前向きになるのが良いからと言って、いきなりすべての言葉をプラスの言葉にするのはムリがあります。
かといって普段通りにしていても何も変わらない。

 

どうすれば良いでしょうか?

 

まずは、言葉に力があるということを忘れずに頭の片隅においておきましょう。

そして、自分が発する言葉に自分が影響も受けていることも意識します。

あとは、普段通りに生活するだけ。

 

これで発言が変わったらラッキー

 

もし、マイナスの言葉が出てきたときの対処法は、以前、本で読んだものを紹介します。
(どんな本だったのか忘れてしまいました。)

 

マイナスの言葉をプラスに変えるには、

マイナスの言葉を発してしまったら「って今までは思ってたけど——」と言ってみましょう。

 

これだけです。

 

幸い日本と言う国は義務教育の制度がしっかりしており、違和感のある流れの言葉は修正したくなります。

 

例えば、

「私は意志が弱いから禁煙は続かない」

「って今までは思ってたけど、」

 

と続けて言うと、この後には「今回は長く続けることが出来そう」などプラスの言葉に自動的に変換してくれます。

 

便利でしょ?

 

他にも

「アイツの仕事が遅いおかげでイライラする」

「って今までは思ってたけど、」

 

と続けるとどうでしょうか?

 

このように、少しずつ言葉が変わっていくと、今まで感じていたマイナスの感情も徐々に減っていっていることに気付きます。

 

 

まとめ

人生を豊かにする100の方法 その18

「自分の発する言葉を変えてみよう」

具体的には、意識してポジティブな言葉を使い、もしネガティブな言葉を使ってしまったら「って今までは思っていたけど」と口にして上げる。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

相談・仕事の依頼はこちら→「サービスメニュー
お問い合わせはこちら→「お問い合わせ

コメント

コメントを残す

*