脱ぎっぱなし!やりっぱなし!がコレでなくなる!?【完璧じゃなくてもいいじゃない。人生を豊かにする100の方法】

  • LINEで送る

気が付くと2014年もそろそろ後半へ差し掛かろうとしています。

まだまだ時間はあると思っていたはずが、あっと言う間に時間が流れます。

 

年始に決めた目標はどのぐらい達成できていますか?

 

計画は立てているけれど、ある程度の期間が経っても振り返らない人が多くいます。

そして期限が迫ってくると、残された時間では到底達成できないことに気付いて諦めてしまいます。

 

気付いた時に振り返ることも大事ですね。

 

振り返ることポイントを作る

疲れていたり、アルコールが入っていたり、機嫌が悪い時などは、普段出来ていることも出来なくなることがあります。

 

「徹夜で作業していて」

「夜遅くまで飲んでいて」

「理不尽な扱いをされて腹を立てて」

などという状態になると、周りも見えなくなり今までを振り返ることなんて頭の中から消え去ってしまいます。

そして、目標は立てたけど、いつの間にか振り返るのを忘れちゃったな。ということになってしまいます。

 

そのような場合に、「振り返ることを思い出すポイント」を作ってあげてみてはどうでしょうか

 

脱いだ靴は揃える

個人的には振り返るポイントを、「脱いだ靴を揃えたら」としています。

子供の頃から「使ったら元の場所へ」としつけられた方は大多数かと思いますが、意外と出来ていなかったりします。

かくいう私もその1人で、脱いだ靴は揃えなきゃとは思っているんですが、アルコールが入っていたり、疲れていたりで家に帰ると靴を揃えることも忘れ、食事と入浴だけ済ませて寝てしまうこともしばしば。

次の日起きて玄関を見ると揃えていなかったことに気付きます。

 

普段なら、家に帰り脱いだ靴を揃えた時

「あ、今日も1日を振り返る時間を取ろう」と確認します。

 

靴を揃えることを忘れていた日(普段通りの行動が出来ていない状態の日)は、

次の日の朝に起きた時に、必ず靴を揃え「そういえば昨日は振り返りが出来たかな?」と思い出します。

朝、家を出る前に靴を揃えていないことに気が付いても、必ず一度揃えてから履きます。

 

そうすると「靴を揃えること」と「目標を振り返ること」が結びつけられ習慣的に振り返りが出来るようになります。

 

目標を達成したいなら

ここまでで今回の本編は終わりですが、目標のお話が出てきたので脇道へ

 

目標を達成するために必要なものは「具体的な目標」です。

目標が具体的であればあるほどイメージがしやすいので、達成しやすくなります。

例えば、サッカーの本田圭祐選手や、野球のイチロー選手、ゴルフの石川遼選手など一流と呼ばれる方々は、子供の頃から驚くぐらい具体的な目標を立てています。

 

次に必要なものが、「目標を達成する理由」です。

実際に、「次の試験に受からなければ昇進できない」となると必死の思いで勉強すると思います。

「仕事のため」「家族のため」何でもいいので、自分にあった目標を達成する理由を考えてみましょう。

 

3番目に必要なものが「具体的な計画」です。

具体的な計画がないと、前に進んでいるのかどうかが分かりますん。

未知のことにチャレンジする場合は、ある程度の計画でスタートしてもいいかもしれませんが徐々に計画を密にしていきましょう。

 

最後に必要なものが「振り返り」です。

振り返りがないとどれだけ進んでいるのかがわからない上、計画通りで問題ないのかどうかが判断できません。

しっかりと目標に近づいているかどうか?計画通りに進んでいるかどうか?を振り返ることも必要です。

 

以上、目標達成について触れましたが、また機会があればまとめようと思います。

あぁ、脇道の方がながくなっちゃいましたね。

 

 

まとめ

人生を豊かにする100の方法 その21

「靴を揃える」

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

相談・仕事の依頼はこちら→「サービスメニュー
お問い合わせはこちら→「お問い合わせ

コメントを残す

*