ミニマムに生きる

  • LINEで送る
ミニマリストという言葉が流行っていますが、個人の生活においてはある程度ミニマムにしておく方がスムーズに進みます。

ミニマムに生きるとは

流行りのミニマリストのように机やカーテンすらなくしてしまうようなマネは、多くの方には到底出来ない(やりたくない)と思います。
「ミニマリスト=極限まで減らす」という風潮がありますが、適量まで減らす程度がおすすめです。
不便よりは便利な方がいいに決まっています。
ですが、過ぎたるは及ばざるが如し。
必要以上に物が多すぎると逆に不便になってしまいます。
自分に合った量を見直してみましょう。

大きくなりすぎたコストを見直す

生きているといつの間にか色々なものを抱え込んでいます。
いつのものかわからない家電の保証書、いるかどうかわからないパソコンのリカバリーディスクやアプリケーションディスク。
プレイヤーのないMD、前のスマホ、書きかけのノート…
いつかは何とかしないとと思いつつ出来ていないまま放置しておくと、より一層ストレスになります。
ここまで放置してしまったのは、仕方がないと諦め、いらないものは1つずつ処分していきましょう。
1つでも整理・処分しはじめると、ストレスが減り、さらにはかどるようになります。

いらないもの・使わないものはため込まない

人は無意識に、いらないものや、使わないものをため込んでしまう癖があります。
それがある一定以上たまると、「片付けないと」という義務感からストレスが生まれます。

いらないものの代表はDM

ポストから出したら、そのままゴミ箱へ行きます。
さっと目を通しますが、ゴミ箱行きです。
ピザや、寿司などデリバリーはネットで注文できますし(むしろネット割などもあってお得です)、不動産屋もネットで調べることができ、すぐに必要となることはないでしょう。
レストランやショップからも、誕生日割引などの案内も来ますが、行きたければ予約するか、予定に入れ、それ以外は捨てます。
基本的にDMは全て捨てても損をすることはないでしょう。
これと同じ要領で、他の書類も処分していきます。
いつか必要になるだろうと思っていても、必要になることはほとんどありません。
いつかとオバケは来ることはありません。
個人の私生活に必要な書類なんて、ほとんどありません。
パスポートや保険証や通帳などは、必要ですが、書類は必要ありません。
思いきりましょう。
どうしても、捨てられないというものは、原本で保管の必要がない限り、スキャンして原本は処分するという手もあります。

使わないもの

生活のスタイルの変化であまり使わなくなったものが、クローゼットの一角を占めていませか?
ダサいと思った服は全て捨ててしまってもいいでしょう。
大量の部屋着予備軍は、着られることなくクローゼットの肥やしになるばかりです。
きっと、部屋着としてすらもう着ることはありません。
レギュラーと補欠を決めて、それ以外を捨てるという決め方もおすすめです。
私自身、服は常に着るものしか置いていません。
そして、子供が生まれてからめっきり行けなくなったスノーボード用品は、今後必ず使う予定があるので置いています。
(当時、10年は使えるボードを買おうと思って選びましたが、実際に10年経ってもまだまだ使えます)
使う可能性が高いものは、置いておくべきものです。勢いに任せて捨ててしまわないようにしましょう。
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

相談・仕事の依頼はこちら→「サービスメニュー
お問い合わせはこちら→「お問い合わせ

コメントを残す

*